« 誘惑の数々・・・ | トップページ | レスキューロボットについて考える »

競技会について

かわさき大会も終わって、腑抜け状態ですが・・・

ふとロボット競技会について個人的な考えをズラズラと書いてみます。

なんでこんな事思ったかと言えば、今回のかわさき大会で開催前からからもめてました

タイヤ脚についての書き込みが某委員の方のブログに書いてあったんです。

簡単に要約すると脚機構腕機構のロボットの競技とうたっている、かわさき大会で

どう見てもタイヤに見えるロボットは、まずいんじゃないかって・・・・

それはごもっともな意見だと思います。

ただ、個人的に考えを言えば機構について、あんまり四角四面にキッチリ決めてやったら

ロボット自体が決まった形になるんじゃないかと思ってます。

規定ギリギリで考えたタイヤ脚機構は、それはそれで評価の対象じゃないかと思ってます。

それにタイヤ脚が必ずしも勝てる機体ではないし、タイヤ脚のロボットが居るために

競技自体のバランスが崩れるとも思えないのですが・・・・

で・・・今更ながら思ったのは、かわさき大会の開催する目的ってなんだろう??って

HPを見ると

  メカトロニクス、エレクトロニクス、コンピュータ技術等を融合する
  総合的なものづくりの機会と位置づけ、「若者のものづくり登竜門」を
  テーマにしたロボット競技大会を開催いたしました。

となってます。

ガァーン!!もう若者じゃない自分は参加できないのか・・・・なんてね(笑)

この目的で開催してるのであれば、些細な事気にしなくても・・・

と思うんですけでね。

ついでにROBO-ONEの開催目的も調べてみました。

    ROBO-ONEの目的は、
    「ロボットの楽しさ」をより多くの人に広めることです。

うーん・・・だったらもう少しハードル下げるか、超初心者クラスを作って欲しいのですが。

まぁ・・・高いハードルを目指すのも技術力アップになるって事なのかな・・・・。

改めて競技会の目的と照らし合わせて見ると、結構実際とズレてきてる様な気が

するのは、穿った見方をしてるからかな・・・・

そう言った意味からするとレスキューロボットコンテストは、スッキリしてると思います。

  レスキューロボットコンテストは、大規模都市災害における救命救助活動 を
  題材としたロボットコンテストです。
  多くの方々に防災や災害対応ついて関心を持っていただいたり、
  次世代の研究者・技術者を育てたりすることを 主な目的として開催しています。

何の為のロボットを作るのかって目標目的が明確な競技ですから、

その辺は明確にできるのでしょう。

ただ・・・かわさきにしてもROBO-ONEにしても、そこで開発発表された技術が

何らかの役に立てるって事を念頭に置いてやった方が意味が更に出てくると思います。

と偉そうな事書いてますが、自分はと言えばただ楽しんでるだけかな。

ただ今は、自分の造ったロボットがどんな役に立てるかって事を

少しは考えながら造ってはいますけど・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

|

« 誘惑の数々・・・ | トップページ | レスキューロボットについて考える »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155778/11783147

この記事へのトラックバック一覧です: 競技会について:

« 誘惑の数々・・・ | トップページ | レスキューロボットについて考える »