« かわロボの書類審査は厳しいのか? | トップページ | 物騒な世の中だ・・・ »

ビデオを整理しました。

競技会に参加すると、ビデオを撮るのですが撮りっぱなしで

全然整理してませんでした。

最近、かわさきロボットについてああだこうだと駄文を書いてますが

そう言えば、今まで参加した機体のビデオあったなぁ・・・と思い出し

テープを確認して見ました。

すると第10回、12回かわさき大会のテープを見つけることが出来ました。

(13回大会の動画はこちらで

12回大会の機体「ファイティングさとぼ(改)」は8回、9回と出場した「さとぼ」の

改造機です。新機体を造る時間がとれず、12回大会はこの機体で出場しました。

(11回大会は棄権しましたし・・・・)

「脚機構について1」で書いたチェビシェフリンクを使った機体です。

第12回大会動画

この試合は相手が動けずに不戦勝でした。

見て分かる様に重心が高いので山超える時にグラついて安定性にかけた機体です。

それでも第9回大会では決勝戦に行った機体です。

他の決勝に出た機体を見て機動力のある機体が勝てると思ったB作は

第10回大会の時は高速機体を目指して、無い頭絞って単純にチェビシェフリンクを

120度位相をずらした脚機構を考えて見て作ってみました。

第10回大会動画

3位相にする事によってサクサクと進むかと思ったのですが、部品造りに苦労した

割には報われなかった機体です。

安定した歩行について何にも考えなかったのが原因では無いかと思います。

その辺については追々書いてみたいと思います。

(その回答のひとつとしてここをリンクしておきます。)

この機体の動きに見て、チェビシェフリンクに見切りをつけました。

そこで13回大会の機体はスライドリンク機構の脚にしました。

スライドリンク機構についてはまた・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

|

« かわロボの書類審査は厳しいのか? | トップページ | 物騒な世の中だ・・・ »

かわさきロボット」カテゴリの記事

コメント

チェビシェフは床が平らでないとあまり有効では無いですからねぇ・・・今のあのリングじゃーきついでしょう。

投稿: UE村 | 2008年6月 5日 (木) 23時01分

こんにちはホリパパです。
早速ですが、動画を見るとバトルの状況が
とてもよく分かります。
載せていただいて、ありがとうございます。
 UE村さんのコメントのように、
チェビシェフの場合は、平らなフィールドでないと
多少きついのですね・・・・
 私は、これから、大会など見て、
まず作り易い脚から造ってゆこうとおもいます。
 ちなみに、B作さんの場合、
かわロボを製造するのに
どんな電動工具を持っていれば良いとお考えでしょうか?
 UE村さんに教えていただいたのは、
ボール盤(これは既に持っています)
ベルトサンダー
スパイラル糸鋸
があれば、非常に有用とのお考えでした。
 お暇な時で結構です。
お教え願えれば と思います。

投稿: ホリパパ | 2008年6月 7日 (土) 19時54分

ホリパパさんどうも!

なんかバタバタしてて、書きたい事が書けずにジリジリしてます。

結論から言うと、今のB作は反則かも知れません。
と言うのも仕事が板金屋なので金属加工はプロなんです。
ただ、6年前に3年ほど違う仕事してましてその当時は
ボール盤しか金属加工の機械は有りませんでした。
第10回の機体はボール盤と万力と金ノコで造りました。

その辺についても含めて金属加工についてもボチボチ書こうと思ってます。

投稿: B作(家主) | 2008年6月 9日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオを整理しました。:

« かわロボの書類審査は厳しいのか? | トップページ | 物騒な世の中だ・・・ »