« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年最後の書き込み

忘年会から、バタバタしてまして書き込みしてなかったのですが

31日くらいは最後の書き込みしようかと思い書いてみました。

27日の練習会は、わんだほーに向けて歩行モーションを完璧にしたいと

望みましたが、ダメダメモーションで不安定歩行で参ってしまいました。

ここ数日色々と調整しつつ何とか多少良くはなって来てますが

まだまだ不安定さは解消できません。

正月中の宿題です。

忘年会は、最高に楽しかったです。

特に人形つかいさんが、あんなに面白い方だったとは新たな発見でした。(笑い)

朝までカラオケはまた最高でした!

最近はカラオケ自体も行く機会が無くなり、更にはアニソンを

遠慮無く歌えるカラオケは皆無でしたので、燃えました。

今年は特にこれって言う結果も出せずにダラダラと過ごしてしまいましたが

来年は少しは何らかの結果を出していきたいとは思ってます。

とは言うもののそんなに凄い事も出来るわけでもないので

目の前にある事を一つ一つ片付けていこうと思ってます。

まずは1月11日のわんだほーに向けて頑張りましょう!!

奥さんからは

「10位以内に入りなよ!」

と言われてますので、その目標に向かって頑張ります!!

こんなヘタレなB作ですが、来年も皆様ひとつよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもよりも・・・・

今回、わんだほーに向けての意気込みは高いです。

いつもは、とりあえず歩行モーション作れば良いやぁ・・・

てな感じですが、今回はわんだほー用のモーションを作る気マンマンです。

一応、目標も設定しましたので・・・・

ダッシュ2000対策としましては、直進→旋回→直進モーション作ろうと思ってます。

第5回の映像見ると、やはり操作の躊躇やミス操作のロスが

タイムへの影響が大きいと思われたので、だったらIKETOMUさんじゃないけど

自律的なモーションを作ってみようかと思ってます。

一番早そうなのは、直進→横移動→後進って言うパターンが良さ気ですね。

たたき台を今度の練習会まで作ってみて検証したいとは思っているのですが・・・

今のトコ直進と後進のモーションしか出来てません。

それもイマイチ安定性にかけて、まだまだ納得の出来る状態じゃないですね。

ボトルトラクション対策は、今回は初めてボトルトラクション用のモーションを

作る予定です。

カゴをつかめるように腕先を改造しないとダメかな。

目標では5本くらいって書いたけど、どうせなら10本以上を完走って事で

頑張るかな!!

これも本当は今度の練習会で検証したいのですが、難しいなぁ・・・・・

正月休みは一度くらいRTかロボスポで調整する事になりそうですね。

                       ☆

何年か前に、かわさきロボット大会で運良く決勝に出たことがありまして

それ以来「一番の武器はラッキーです」みたいな事を言ってました。

最近、本当に運だけで今までロボット製作やっていたのかなって思える

事が起きてます。

それは、先日からFRC級の機体を復活と思い毘夷零の修理をしました。

ところが、破損したサーボを交換しただけで何も変えていないのに

左右に重心移動が出来なくなってます。

Hokou5

本来なら足首のサーボーを動かすと写真のように傾くはずなのに

今は脚先だけ傾くだけで重心移動が出来なくなってます。

脚先の内側部がもう少し身体の中心に寄れば出来るって言うのは

分かったのですが、何で今までは問題なく歩けていたのかが

全然分かりません。

まさに神がかり的な力が働いていたのかと思わざる得ません。

B作のラッキーパワーが無くなった為に歩けなくなったのかとか・・・

ラッキパワー一杯の某ヒーロみたいに

     ラッキー!クッキー!相武紗季!

とか言ってみるが効果はないだろうな・・・

とにかく、うまく歩けないけど、今度の練習会には毘夷零を持って行こうと思ってます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わんだほーエントリーしました。

頑張って早起きして、わんだほーにエントリーしました。

いつもの事ながら、この時が一番気合が入るってのはねぇ・・・

9時5分過ぎの段階ですでにエントリー数は30台・・・・

凄過ぎっす。

さて、本腰入れてわんだほー対策しないと。

今回の目標は

 1.ダッシュ2000は15秒を切る。

 2.ボトルトラクションは完走する事。(重量は、せめて5本かな)

その為にもモーション作成を頑張ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グダグダな日々・・・

土曜にようやくスパロボZ(男主人公)が終わり、

日曜は、わんだほーに向けてモーション作成に没頭しようと思ってました。

足踏みで良い感じだった膝のダブルサーボ化、

歩かせたらかなりサクサクいくかと期待していたのですが・・・・・

欲張りすぎて歩幅を大きく取って素早く歩かせようと考えたのですが

どうやっても旨くいきません。

仕方なくスピード落として大股歩きにしてみましたが、イマイチ安定性にかけます。

KHRのおまけについてる歩行モーションくらいのスピードなのに

左右のバランスが悪く身体がグラグラしてます。

あんまり旨くいかないのでスパロボZ女主人公を始めてしまいました・・・・

大丈夫なのかな?>わんだほー

頭を整理して一から作り直します。

                   ☆

かわさきロボット競技会ネットワーク交流会を3月に開催されるそうですが

その中でエキシビジョン戦をおこないます。

大会レギュレーションで出来なかった事を今大会でレギュレーションを

多少緩和して新しい技術向上などを目的との事。

エンドレスさとぼでエントリーしてみようかと思ってます。

本当は、無方向性ロボットを造ってみたいのですが、これだと

あまりにもかわさきロボットからかけ離れすぎるので

エンドレスさとぼの改造機でチャレンジしてみます。

書類選考で落とされる可能性は高そうですが・・・・・

(だって競技会では勝てる機体ではないので)


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットライブ中継かぁ・・・

今度の、わんだほーはインターネットライブ中継されるとの話し。

よく分からないが、たぶんネットで、わんだほーを生で見れるって事かな?

開催される時期的に、ちょうど年賀状に

「わんだほー見に来てください!無理ならインタネットライブで・・・」

って書くとかなりの友人達に、ロボット競技に触れてもらえそうだな!

とか考えています。

社交辞令なのか友人知人の子供がちょうど小学生から中学生くらいなので

「子供にロボット見せてやってね」とか言われることが多いのです。

だから年賀状とかに競技会出るから見に来てね!って書くのですが

来てくれたためしがありませんでした。

距離的な問題とか、予定が合わなくて来れなかったんだと思いたいですが

それは別として、インターネットライブならかなり気軽に見てもらえそうな気がします。

で、本気で興味を持ってくれたのなら今度は実際に見に行きたいって思えるかも。

特に、わんだほーってが良いですね。

あのユルユル感とみんながロボットで楽しんでるって雰囲気が

あまり身構えないでロボット製作に興味が持てるのではないかと思ってます。

なにはともあれ、年賀状作戦はやりたいと思ってます。

ただ、そうなると「来てね!」「見てね!」と言った以上不甲斐無い結果は

出せないって言うプレッシャーは発生しますが・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の世迷言081203

師走になり、なんだかんだとバタバタしているB作です。

FRC級ロボットもおふじゃんびぃZの製作も停滞してます。

気分転換にブログのデザイン変えてみました。

ずっと黒地のデザインだったのですが、なんとなく明るい感じに

したかったので白地にしてみました。

                   ☆

ふとネットで検索していましたら、SONYには昔エスパー研究所って言うのが

あったと言う事を始めて知りました。

その研究所でどんな研究されていたのか?非常に興味がありますが・・・

まぁ超能力がが実在するか否かを論じる気はサラサラ無く

B作は有っても不思議じゃないかな・・・って言うスタンスです。

人間の第6感って言うのは超能力を信じる信じないに関わらず

誰もが理解できることじゃないかと思い、その延長線上に超能力ってのが

あるのかな?って思ってます。

まぁ・・そんな程度に考えてますね。

ただTVに出演したり、力を使って幸せにしますみたいな事を言ってお金取る

能力者は偽者か能力が有っても対したこと無いんじゃないかと思ってます。

超能力がどうしたこうしたって言う事よりも、そんな不確かなものに対して

SONYがそう言う研究所を作ったって事が凄いなぁ・・・って思いました。

昔からSONYってキワモノを作る会社だとは思っていましたが

ここまで凄い事をやっていたとは吃驚です。

ただ、この研究所を封鎖した頃、ちょうどロボットも撤退した頃らしく

業績不振の為、普通の企業になってしまったってな事を批判されてましたが

それは企業としては当たり前な事じゃないかとは思いますがね。

もしも、研究所が存続されて研究が進められていたのなら

SF小説みたいに軍事目的や産業スパイ的な要素が高まっていたのかな。

今見ている、七瀬ふたたびの中でこのエスパー研究所的な話しが出てくるので

脚本家のはこの話しを参考して書いたのですかね

ドラマではその部署が解体して後、NPO団体を設立して能力者を利用している

みたいな話しになっていますが、このエスパー研究所に居た方々も、もしかして・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »