« 電気は貯められません! | トップページ | 地震が無ければ・・・ »

原発事故

TVで原発のニュース見ながら、放射能に阻まれて中々近付けずに

苦労しながら放水しているのを見てて、リモコン操縦のロボットで

出来ないのかな?って思いました。

援竜とかね・・・・・

細かな微妙な作業とかがあるから、現場で人間が判断しないと

難しいのかな?

話しは飛ぶのですが、最近 面白いロボット小説を見つけました。

BUTAPENNさんの「セフィロトの樹の下で」です。

以前紹介しました、梅さんの「コンパニオンドール」と同じように

人工知能搭載の人間そっくりのロボットとの恋愛小説です。

どちらも女性が著者だからか、B作には思いつかないような

面白い切り口でロボットについて書かれていて興味深く

読ませていただきました。

(ただ単にB作に小説を書く能力が無いだけかも・・・・)

ただ、前々から思うのは心を持ったロボットは気持ち悪いって事。

梅さんにメールした「コンパニオンドール」読んだ感想を一部抜粋すると

ただ、B作の個人的な意見として、本当にロボットに心が
生まれるんだろうか?って事に、ずっと引っかかってます。
(この小説の根本否定になってしまいますが・・・)
環君が設定的にはロボットなんだろうけど、あまりにも人間っぽくて
どうにもロボットに思えなくて・・・
だから、心を持ったロボットを造ったって事なんだろうけど

身体の動きや感覚(センサー感知)などは技術が発達すれば、
高性能な部品が開発されて人間と同じような動きできるようになったり、
同じような感覚を感知できるようになるって言うのは想像出来るんです。
ただ、心って言う事に関しては高度な技術によって生まれるって言うより
むしろ、錬金術や魔術で造り出したような気がします。
この作品をリアルなSF小説として読めば読むほど環君の存在が
錬金術や魔法で生み出されたホムンクルスのように感じてしまい
リアルなSFの世界の異物な感じが拭えなくて・・・
その辺りが、自分でロボット造ってる身としては違和感を覚えました。
自分でロボットを造れば造るほど、人間と同じものは造れないって
感じてしまうんです。

ってな事を感じてしまいました。

今回は免疫があったせいか、それほどの拒絶反応は無かったのですが

でも、結構違和感を覚えながら読んでました。

もしも現実に、環君やセフィロト君が造られたとしたら、今回の原発事故現場に

絶対に行かされるだろうな・・・・

彼らを単なるロボットと見る人達には、行くのは当然だと思うだろうから・・・

だけど二人の親しい人達、特にパートナーは行かせたくないだろうな。

自分の身内、恋人を行かせるのと同じ気持ちなんだろうから・・・・

B作はロボットは人間の役に立ってナンボって思うので、こう言う非常時には

ロボットが行くべきだと思います。

でも、それってロボットなら壊れても良いって思ってるからなんだよね。

だったら、やはり感情移入しないメカ的なロボット方が良いかな。

上記の小説に出てくるような人間と間違うくらいそっくりなロボットは

使いづらいだろうから・・・・・

なんて事をTVのニュースを見ながら思ってしまいました。

|

« 電気は貯められません! | トップページ | 地震が無ければ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155778/51152238

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故:

« 電気は貯められません! | トップページ | 地震が無ければ・・・ »