« 真面目に・・・ | トップページ | 不安定な状況ですが・・・ »

いつでも誰かが

震災後、余震やら原発問題やらで何となく気持ちが鬱々していている

今日この頃ですが、ふと思いついて家にあった上々颱風のCDを

引っ張り出して通勤車中で聞くようにしてました。

一番のお気に入りの曲が「いつでも誰かが」です。

この曲、平成狸合戦ぽんぽこのエンディング曲ですが、この状況に

ぴったりだと思って、自分の気持ちを上げる意味でも聞いてました。

で、思いつきで上々颱風の公式ブログ見てみたら、この曲の動画が

アップしてました。

やっぱり感じる事は同じなんだなって思い、こっちにも張ってみました。

                           ☆

NIFTYのニューストピックスでホンダのお客様相談センターに

  「ASIMOに原発事故処理をしてもらえませんか。」

と言う問い合わせがあったそうです。

当然、ホンダでは現状のASIMOでは無理だと返答しているようですが

放射能汚染で作業がうまく出来ない現状をロボットで何とか解決して

欲しいって思うのは当然な事だと思います。

ここに来て、新聞やニュースで原発事故処理にロボットをって言う話しが

取り上げられて来ていますが、先河原さんのブログを見ていると

ロボット研究者側はいつでも現場に向かう準備が有るのに、

受け入れ態勢に問題が有るんじゃないかと思えてしまいます。

もちろん、大変な問題だから、やりましたけど出来ませんでしたって

訳にはいかないのかも知れないので、導入には慎重になるのは

いた仕方ないのでしょうが、ここまで問題が悪化しているんだから

とりあえずダメ元でやってみようって出来ないのかな。

まぁ誰が責任取るのかって事が一番の問題なんだろうけどね。

|

« 真面目に・・・ | トップページ | 不安定な状況ですが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本人に危機管理はできない。
自分に都合の良いことは思惑通り、悪いことは想定外とする。
縁起でもないことを口に出してはいけない。言霊の効果が恐ろしい。
あとは、他力本願・神頼み。
はらいたまい、清めたまえ。


我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が貨物列車に激突したらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。

ただ「間違ってはいけない」とだけ注意を与える。
「人は、誤りを避けられない」とは教えない。
「お互いに注意を喚起し合って、正しい道を歩まなくてはならない」とは、考えていない。

もしも自分にとって都合の悪いことが起こったら、びっくりする以外にない。
そして、「私は、相手を信じていた」と言い訳するしかない。だから、罪がないことになる。

危機管理は大の苦手。
だが、ナウな感じのする犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。
一億一心のようではあるが、内容がないので建設的なことは起こらない。
お互いに、相手の手を抑えあった形である。すべては安全のためか。不信のためか。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

投稿: noga | 2011年4月 9日 (土) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155778/51340166

この記事へのトラックバック一覧です: いつでも誰かが:

« 真面目に・・・ | トップページ | 不安定な状況ですが・・・ »