« 花見に行ってきました | トップページ | ロボでサバゲに行ってきました »

10年以上かわさきロボット競技に出ていながら…

今年は、かわさきロボット競技に出場しようと思い、申請書を
どう書こうか悩んでいました。

以前にブログで「かわロボの書類審査は厳しいのか?」で書いた時は
申請書の項目をきちんと書けば問題ないと言いましたが
最近は申請書の審査が厳しくて前回も結構ちゃんと書いた
つもりだったのに、B予選行きでした。

だもんで、ちょっとくじけそうだったのですが気合入れて作成しました。
これで落とされたら二度とかわロボには出たくないってくらい気合入れました。

書きあがってから、大会HPに申請書の書き方的な情報が載っているのに
気づき読んでみました。(一昨年に書かれたようですが…知らなかった。)
その最初の方に書いてあったのが大会事務局の申請書の考え方が

「参加申込書については「技術者による企画文書の練習」という目的があり、
その為書類審査は第ゼロ次予選といっても良い位の重要度を持たせています。」

そうなんだぁ・・・(汗)
B作が、かわさき大会に出始めた頃、常連さんみたいな人達が

   「申請書は適当に書いても大丈夫だから…」

みたいな事言われて、そこそこ適当に書いてました。
その当時は申請書で落とされる事無くきましたが、先一昨年あたりから
いい加減な申請書書くと落とされるようになり最近では、
自分では結構ちゃんと書いたと思っても申請書で落とされ
B予選行きに・・・・
なんだよぉ!!って思ってまして、何となく出場が億劫になってました。

それでも出ようって想いは有ったので、なんとか気持ちを奮い立たせて
申請書・・・特に機体の仕様書を書き上げました。

で、さっきの申請書の書き方を読んで、申請書予選の意味をちゃんと
理解できました。

もちろん、技術者の企画文書の練習って事もですが、自分の造るロボットが
どう言うコンセプトで、どんな能力を欲して、その為にどう言う構造にしたか等
自分のロボットを相手(この場合事務局ですが・・・)に理解させるか
って事を念頭に置いて書くって事なんだってね。

そう考えると書く事って浮かんでくると思うんです。
その為には まずは、どんなロボットを造りたいかを明確にするって事かな。

動きが素早いロボット、攻撃力のあるロボット、ウケるロボットなど
何かしら造るにあたって思う事ってあるはずだから・・・
それを率直に書けば良いって事なんでしょう。

なんか10年以上もかわさきロボットに関わってきた癖に全然理解してませんでした。

さて、そんな文書読んじゃったから、また自分の申請書を見直したくなりましたよ。

|

« 花見に行ってきました | トップページ | ロボでサバゲに行ってきました »

かわさきロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年以上かわさきロボット競技に出ていながら…:

« 花見に行ってきました | トップページ | ロボでサバゲに行ってきました »