« Maker Faire Tokyo 2015に参加しました。 | トップページ | ガッタイガーについて その2 »

ガッタイガーについて その1

そう言えば、ブログで殆どガッタイガーについて記事を書いて無い事に気づいたので

ズラズラと書いてみたいと思います。

合体ロボットは、ロボット製作を始めた当時からずっと造りたいと思ってました。

で、とりあえずやってみるべ!って思い立ったのは2013年の初めでした。

テスト的にって思ったので、2042サーボのバルク版を大量に買い込み

CADに向かったのですが、結局良いアイディアが思いつかず

勢いでクロガネを造ってしまいました。

Kurogane1507191

 

で、去年はエンドレスごんべいを造りなおしたので放置してたのですが

今年に入って、また造ってみたくなり、CADで落書きを始めました。

まず、二足ロボットをどう分離するのかを色々と妄想してみました。

最初はロボットアニメにありがちな三体のメカが合体を考えてみたのだけど

どう分けるかで悩みました。

頭と胴体と脚?

頭は小型のドローンにする?

そうすると頭を分離する必要があるのか?

必要かどうかを考え出すと合体自体が必要なのか?って事になってしまうし・・・

どうせ合体させるならメカが変形してロボットになるって奴やりたいし・・・・

そんな事をグチャグチャ考えて、結局上半身と下半身の二体合体にする事に決めました。

それから、使うサーボを決めてロボ形態の上半身と下半身の絵をかいてみました。

で、それぞれを変形させて上半身をタンクに下半身をジェット風にしてみました。

 

Tank1
               ガッタイガータンク

 

Jet1
           ガッタイガージェット

 

それぞれは無線で動かすことが出来るようにしました。

二台が形になったので、早速合体テストをやってみました。

 

 

動画では、一応合体してますが、成功率がかなり悪く 

もう一度それぞれのフレーム形状を変更することにしました。

 

 

つづく・・・・

|

« Maker Faire Tokyo 2015に参加しました。 | トップページ | ガッタイガーについて その2 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155778/62042660

この記事へのトラックバック一覧です: ガッタイガーについて その1:

« Maker Faire Tokyo 2015に参加しました。 | トップページ | ガッタイガーについて その2 »