機械が良くなると・・・

明日、会社の若いのが二人図面の勉強会に行きます。

普段、仕事で図面を見て物を造っているのだから

何を今更の話しなのですが、意外と本当に図面の読み方を

分かっているのかは甚だ疑問な点がある。

一応、会社のHPの技術資料という形で図面の読み方と言う

ページを作ったのだが、作業者はこの基本的なことがわかっているんだろうか?

つい先月のことである。

新潟工場の、何年もNCT(タレパン)のオペレーターをやり

時にはプログラム修正をやっていた若いのが、ある時、図面展開の

勉強会を開いてみたら、なんと展開の基本が何も理解していない事がわかった。

その原因のひとつに、今のタレパン、レーザのプログラム作成は、擬似立体図を描き

それを変換スイッチを押せば展開図にしてくれる。

その展開図に金型を割り付ければプログラムの完成です。

どうして、その立体図が、その展開図になるのかを知らなくても

いっぱしのプログラマー、オペレーターにみえます。

曲げ(ベンダーー)加工も同じで、プログラムはオンライン化されているので

展開図が描けた段階で、どの金型を使用して、どこから曲げるかの順番まで

指示されます。

B作がタレパンのプログラム作成をやっていた頃は、CADなんかはなく

図面を見ながら自分で展開図を描き、タレパンのプログラムも

X,Y座標を計算して、タイプで打ち込んでました。

   G92 X1830. Y1270.

   G90X100.Y200.T324

   X300.Y300.

   G28I100.J0K3

   G50

なんてね・・・・

べンダー曲げも自分で展開したのだから、頭の中にイメージとして

立体図が入っているので、それをふまえて金型選別し、曲げ順番を

決めて曲げてました。

(余談ですが曲げ加工のページも参考までに・・・・)

そんなアナログな作業を今更やれとは言いませんが、少なくとも

コンピュータが選んだ意味を理解して、作業をやって欲しいものです。

さもないと、人間じゃなくロボットにした方が良いって事になりかねません。

製造業ってのはクリエイティブな仕事なんだから、常に創造力を持って

仕事をやって欲しいものです。

偉そうに書いてしまいますが、機械が良くなるのは良いのですが

それで製造業の技術力って上がってるんだろうかって常々心配してます。

時々、プロの板金屋よりもロボットビルダーの板金加工能力の方が

高いんじゃないかって思う時があります。恥ずかしい話しだけど・・・・

プロとしての自覚を持ってやっていきたいと思いますね。マジに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

製品を開発するって大変!

今年に入って製造部長と一緒にバリ取り機を造っています。

前々から、このバリ取り作業ってのが手間取ると作業者から言われてました。

市販のバリ取り機も使っているのですが、タレパンの追い抜きの後は

この機械では取れません。

お客さんからはこの追い抜きに後を除去するように言われてまして

今まではグラインダーで手作業で除去してました。

だったらタレパン使わずレーザー加工でやれば良いと思われますが

このレーザー加工って意外と曲者なんです。

特に細長い製品の外形切断をおこなうと、曲げ加工で

歪が発生し、その除去にかなり苦労します。

アルミやステンレスになると特に酷いです。

これはレーザー加工は素材に熱を加えてますので、歪が発生します。

平板の状態ではそんなに感じられませんが

曲げ加工をおこなう事によってに歪みが謙虚に現れているようです。

だから、極力タレパン加工出来るものはタレパン加工で外形切断をおこなってます。

素材が薄ければ追い抜き後が出ないスロッティング金型を使う方法もありますが

最近やっているアルミの4t加工は、どうしても追い抜きでやらざる得ません。

レーザー加工だと見事に歪みます。

だから、このあたりをターゲットにt3~t6用のバリ取り機を開発中です。

と、偉そうに書いてますがB作も製造部長も機械の開発は、やった事無く

今まで作ったことあるのはバレル研磨機くらいです。

これだって、ただ単に八角形の入れ物造ってモーターで回しただけだしね・・・

今回はちょっと手こずってます。

イメージではこんな感じってのはあるのですが、それを形にするのって

凄い難しいです。

設計開発の仕事をされる方って改めて凄いって思いました。

何はともあれ、部品をかなり購入してしまったので、もう後戻りはできません。

どうなる事やら・・・・・coldsweats01


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい機械が入りました

10月の野暮用のトリを飾るのが、会社に新しい機械が入ることです。

今まで使っていたタレパンがガタ来てしまったので、新しく今度は

複合機を入れる事になりました。

複合機って言うのはタレパン(パンチ加工)とレーザ加工の両方が出来る加工機です。

レーザ加工をおこなう為、今迄の電気容量では足りなくなり、変電設備の増強

また、レーザ加工に必要なガス供給設備を設置など朝早くからバタバタとやってます。

(今もまだ設置作業してます・・・・・)

今までは新潟工場でしか出来なかったレーザ加工も本社工場で出来るようになるので

ロボットの部品加工にも幅が出そうです。

C1

いつもながら重機屋さんは凄いっすね。

どんなに狭い場所でもちゃんと入れるんだから・・・・

何十トンの機械がクレーンに吊られるの見るのは壮観でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと偉そうに・・・・

去年の10月に書いた記事に今頃コメントをいただきました。

町工場で働く人のイメージ」って言う記事です。

久しぶりに自分の書いた記事を読んで、コメントを読まさせていただきました。

職業差別って言うかブルーカラー差別ってのは仕方無いのかも知れませんね。

世間的にそう思う風潮ってのはあるのが事実ですから。

自分の子供が町工場で働きたいって言われたら躊躇する親が大半じゃないですかね。

それについてどうこう言っても仕方ないと思います。

思っちゃうんだからね・・・・

仕事決めるのに世間的な見られ方ってのも重要な要素かもしれまんせんが

B作的には自分はどうしたいの?って事の方が重要な気がします。

ホワイトカラーだとかブルーカラーだとかじゃなくて

自分はどんな仕事がやりたいのか?って事を決める事じゃないのかな?

あんな仕事やりたくないなぁ・・・ってな事ばっか見てると悪いところしか

見えなくなるような気がします。

自分は何がやりたいのか?

ただそう思ったからって必ず思い通りにはならないものです。

どっかで妥協しなければならない事もあるでしょう。

仕事って良い事ばっかじゃないし、基本的には大変な部分の方が大半だと思ってます。

だからこそやり遂げた時に達成感なりやりがいなんかが生まれるんじゃないですかね。

人の目を気にしてばかりいると、重要な事を見落としそうな気がしてます。

前の仕事の上司に言われました。

「自分で思ってるほど他人は自分の事気にして無い」

って・・・

だから自分でどうしたいかを明確にしなさいって・・・・

自分で決めたって事がベースに無ければすぐに人のせいにして逃げてしまう

気がします。

あの人がああ言ったから・・・・

世の中が悪いから・・・・

誰がなんと言おうとも世の中がどうだろうとも自分で決める。

それは非常にきついことだと思います。

だって自分で決めたって事は、何が起きてもそれは自分の責任なんだから。

詩織さんのコメント読ませてもらって一番感じたのがブルーカラーが嫌とかではなく

詩織さんはどうされたいのかな?って事です。

工場で働くのは嫌ですって思うのはそれぞれの価値観ですので

それはそれで良いと思います。

ただ、そう思うことが別に後ろ向きだとも思わないし、

工場で働きたいって思うことが前向きだとも思いません。

自分はブルーカラーの仕事は嫌なんです、だからホワイトカラーの仕事を目指します

って言う事で、その為に頑張れば良いと思います。

それだけの事だと思います。

B作だって色んな事情から結局板金屋になってしまっただけです。

でもその中でやりがいだとか面白味を見つけて好きになってるだけです。

そんなもんじゃないですかね・・・・・

なんて偉そうに書いてしまいましたが、もしも詩織さんが

不快に思われたとしたら謝ります。

ただ、自分がどうしたいのか?って事を重要な要素で

考えた方が良いとB作は思います。

世間の評判なんて所詮無責任なんだから・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳しいね・・・・

昨日、会社に横浜簡易裁判所から手紙が来ました。

ろくな要件じゃないとは予想してましたが、あるお客さんが破産宣告したとの通知でした。

その会社は大きな会社では無かったのですが社長が設計者で自分で考えて

色んな面白い機械を設計、製造しては色んな企業に売り込んで会社を運営してました。

(うちは、それらの機械のそのフレームやカバー関連の仕事をしていました)

ただその社長、技術者あがりだったので、時々採算度外視の機械を作ったりして

余計なお世話ながら大丈夫かな?と心配される部分はありました。

それでも、その会社とはひょんな事から知り合って20年以上の付き合いでしたので

それなりにちゃんとやられてるとは思ってましたんですが・・・・・

ある意味技術バカで純粋だった社長が調子の良い人間に乗せられて

やられてしまったのですかね・・・・・

その社長だって真面目にコツコツと、ただ純粋に色んな機械を造りたいと思って

仕事されてたんだと思うんです。

でも会社運営となると経営力が無いと結果こう言う悲しい結果になるんですかね。

なんだかなぁ・・・・ってな感じになりました。shock


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故人曰く・・・

今週は見積もり依頼が沢山入ってバタバタしています。

その中で車両関係の仕事で来た見積図面は古い!!

製図の日付を見ると昭和43年1月だと・・・・・

更に子図面などは昭和39年・・・・

おひおひ生まれて無いよ。

SUS27?なんじゃそりゃ??

と思いネットで検索するとSUS304の事だとか、昭和40年前後は

SUS304をSUS27と表記していたとか・・・・

おまけに板金図だけではなく、組立図もコミコミ図面なので

どれがうちで作るのか?どれが組立屋の仕事なのか?を解明するに四苦八苦してます。

おまけに図面に描いてない、暗黙の了解的な加工を解読してます。

これは設計者との勝負です。

図面にちりばまれているヒントを基に設計者の意図を汲み取るのです。

この謎を解いてみせます!じっちゃんの名にかけて・・・・ナンテネ・・・

でも考えても分かりません。

あんまり分からないからお客さんに加工図を書いてもらってます。

いやいや・・・・昔の図面は難しいです。(すでに敗北宣言)

良い悪いは別にして今の図面は事細かに書いてるので、それに慣れていると

こう言う図面は解読は厳しいですね。

もっとも図面って製作者に判りやすく描くってのが前提のはずなんですがね・・・・

久しぶりに手強い図面に出会いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイラルコンベアの作り方

夏くらいから、あぁだこうだと試行錯誤していた仕事でスパイラルコンベアがありました。

このスパイラルコンベアってのは、食品関係や農業、土木なんかでは

良く使われているようですが、当社への依頼はゲームセンターで使う

コイン洗浄機用で、コインを運搬する為にスパイラルコンベアを使うらしいんです。

正直、今までスパイラルなんて作った事無かったので、製造部で

無い頭をフル回転してどうすれば良いかを考えました。

とりあえず、スパイラル部を分割して、そのパーツをプレス型で絞って

製作する事にしました。

最初はうちで簡易的な金型を作り、何度も実験しました。

まず頭を悩ませたのは、絞るスパイラル部の展開形状です。

一応、CAD-CAMシステムにはスパイラルの展開ソフトはありますが

それで作成した展開形状で実際に簡易金型で絞ってみると微妙に違うんです。

知り合いの加工業者に頼んで3D-CADでも算出しましたが、やはり微妙に違いました。

結局は何度も何度も試し絞りした結果で形状を決めました。

それをレーザ加工で製作しました。

Photo_2

そして実験の結果からある程度の金型の形状を決めて金型を金型屋さんに

製作依頼しました。

金型屋さんも何度も絞ってみては、金型を削ったり盛ったりと苦労されたようです。

そうして苦労して作った金型が↓です。

Photo

早速、絞ってみました。

3

絞った結果、こうなりました。

Photo_3

これをシャフトに通して、つなげて溶接すると

01_2

なんとか形になりました。

02

たぶん、スパイラルを専門に作られてる業者さんだったら、もっと簡単に高精度に

出来るんでしょうが、まぁ初めてって事でご勘弁願いたいです。

一応、試作のコイン洗浄機は問題なく動いたようなので、スパイラルは

問題ないようですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町工場で働く人のイメージ

先日の110番事件で、自分の仕事について色々考えてしまいました。

前々から書いてますが、B作は家業が板金屋です。

で・・・大学卒業して、すぐに自社に入社しました。

5年前に修行と言う形で全然関係無い食品機械のメーカーで3年半働いてましたが・・・

大学出てからとなってますが、実際は中学の頃からパソコンいじれるって言う理由で

タレパンのオペレーターやってました。

だから長期休み(夏休み、冬休み、春休み)は大嫌いでした。

だって学校休みになると仕事なんだもの・・・・

そんな環境ではありましたが、板金って言う仕事は好きでした。

格好つけた言い方すれば自分の仕事に誇りを持ってました。

だから、3Kなんて事全然考えてなかったし、工場で真っ黒になる事は苦になりませんでした。

むしろ机に座って事務仕事してる最近の方が辛い・・・・(^^;;;;

そんな人生の中で何度か職業差別的な事(なのかどうか?)がありました。

まず、最初にあったのは高校受験のときです。

当時は家を継ぐとか考えて無かったのですが、将来はモノ造りの仕事がしたくて

工業高校に行く事にしました。(大学付属ではありましたが・・・・)

実際は大学なんか行く気全然無くて高校で技術の勉強をして高卒で

工場で働きたかったんです。

そんなB作に中学卒業間近の時、クラスの奴に言われました

「お前・・・工業高校行くのか?もう人生終わりじゃん!」

当時は、はぁ・・・??って感じで気にもしませんでした。

人それぞれ考え方があるのだからって笑って流しました。

きっと奴は今頃は素晴らしい人生を送ってるのでしょう!(笑)

続いてあったのは高校のときです。

B作は工業高校に来る奴ってのは、モノ造りが好きな奴が来るんだと思ってました。

ところが、大半は大学附属だから仕方なく、この高校に来てるような奴ばっかでした。

そんなある日、どこに行ったか覚えてませんがクラスでバスに乗ってどっか行きました。

その道中、道路脇に見えた鉄工所で真っ黒になって働いている人が居ました。

それを見たクラスメートが

「あんな風な人生には、なりたくないよなぁ・・・・・」

とかほざきました。

B作が

「うちもあんな感じの鉄工所だよ。」

って言うと困ったようにしてました。

きっと彼も素晴らしい人生を送ってるのでしょう!(笑2)

更に就職して、数年が経ちB作もそろそろ結婚しろとか言われる歳になりました。

どこにでも居るお節介おばさんがお見合い話しを持ってきました。

気乗りしないB作は、断ろうと思っていたら、おばさんのほうから先方が断ってきたとの事。

別に良いんだけど何で断ってきたのか理由が知りたくて聞いたが

おばさんが口ごもって、はっきり言いませんでした。

教えてもらえないと知りたいのが人情ってもんです。

しつこく聞いてやっと教えてくれました。

理由は、B作が工場で働いているからだそうです。

そう言う職業方はちょっと・・・みたいに言われたそうです。

きっとその女性は素晴らしい方とご結婚された事でしょう(笑3)

そんな事がありましたが、今でも自分の仕事に誇りは持っています。

だから、これらの出来事もB作的には笑える話しだと思ってます。

でも・・・町工場のイメージってそんな感じなんですかね?

B作の好きな漫画で「ナッちゃん」ってのがあります。

町工場の後を継いだ女の子の話しです。

この漫画の凄いところは、普通町工場を舞台にしたドキュメントやドラマは

大体大変で悲惨な状況が前面に押し出されます。

この漫画もそう言った大変な状況はべースですが、主人公のナッちゃんは

それでもモノ造りは好きって言うスタンスです。

苦労も多いがそれ以上にやり遂げた達成感や面白さが有るって事を表現してます。

それをリアルに・・・・・

町工場って確かに今の厳しい情勢の中、大変で悲惨な状況なのは間違いありません。

どこの会社もいつ潰れてもおかしくない状況の中必死に踏み留まっています。

そんな厳しい状況でも続けているのは、やはりモノ造りの楽しさや遣り甲斐なんかを

みんな知っているからじゃないですかね?

3Kな職業なのは間違いありません。

でも・・・それを以上に楽しいこと面白いことなんかもあるんだと思います。

町工場万歳!!・・・・なんてね・・・・(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

良かったらクリックして下さい!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

板金工のぼやき・・・

先週、お客さんからお見積依頼がきました。

デスク盤のテーブル部らしいのですが、設計が気合入れて

デザイン重視のかなり複雑な形状でした。

短納期な事もあり、軽く

「かなり高くなりますよぉ・・・・」

と振っておいたにも関わらず、昨日見積書をFAXしたら、

すぐにお客さんから怒りの電話がかかってきました。

「こんな品物にそんな値段もらえたら蔵立つよぉ!!」

との事・・・・値下げしろとかのレベルでは無かったようです。

だからその仕事は無しになりました。

まぁ今は忙しいので無くなってホッとしてますが、なんか釈然としません。

大きさは確かに小さいですが、技術を有するものだったので

そんなにボロクソに言われるほど暴利を貪った値段を

つけたつもりは無かったのですが・・・・

板金って仕事は、世の中の評価低いのだと思います。

TVなんかで技術、技能紹介で出てくるのは機械加工や絞り加工等です。

機械加工なんか掌に乗るくらいの製品ですら、数十万円以上するものもあります。

それでも誰も文句は言わないし、凄いって評価されます。

(もちろんそれだけ凄い技術を使っているんだと思います。)

同じように板金製品だって、小さくてもかなりの技術を有する品物はあります。

しかし、所詮ブラケット、カバーなんだから・・・・ってな事で

”そんなには予算ないですよぉ・・・・”ってな具合で安くされます。

お客さん自体も仕事が分からない担当者が多くなってきています。

また仕事を受ける側の担当者も仕事が分からないで受けてる場合があります。

だから、その仕事が難しいのか難しくないのかが分かりません。

単純に重量計算して材料費を出し、その材料費の比率で加工費を決めたりしてます。

人間の技術の値段はそこにはありません。

どっかのサイトで書いてあったコラムを思い出しました。

  アメリカの話しです。

  ある工場のラインが故障しました。

  その会社の修理係が調べても原因が分かりません。

  早く修正して稼動しないと大損害になってしまいます。

  そこで工場責任者が、知り合いの日本人技術者に修理を依頼しました。

  その日本人技術者は、しばらく工場のラインを見つめて、そしておもむろに

  工具箱からハンマーを取り出し、ある部分を叩きました。

  すると嘘の用にラインは治り、生産は間に合い損害を免れました。

  日本人技術者は、修理代としまして9,000$請求しました。

  工場の責任者は

  「いくらなんでも9,000$は高すぎる、その明細を教えてくれ」

  と言いました。

  すると日本人技術者は次のような明細書を出しました。

    原因究明費    8,995$

    ハンマー叩き台      5$

製造業の加工費ってこんなもんじゃないかな。

それを中々理解してもらえないけど・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)